辛い生理痛にサヨナラ!はじめての低用量ピル【漫画で紹介】

生理痛に悩んでいるあなた!

周りに悩んでいる人がいるよというあなた!

生理痛の緩和には鎮痛剤しかないと思っていませんか?

実は低用量ピルは避妊だけでなく生理痛も緩和してくれるんです。

今回は筆者も8年前から服用している低用量ピルについて紹介していきます。

低用量ピルを処方された理由

こんな症状ありませんか?

  • PMS(月経前症候群)の症状が人一倍ひどい
  • 毎月のように吐いてしまう
  • 鎮痛剤の効きが悪い
  • 経血量が多い

筆者も上記の症状に中学~高校まで悩まされ、とても辛い思いをしました。

あまりに辛かったので高校2年のときに婦人科にかかると月経困難症という診断を受け、低用量ピルを処方されました。

ピルの種類と使用感

カナデ
低用量ピルって避妊するための薬じゃないの?
茶々丸
その目的もあるけど、月経困難症などの治療目的にも使われるんだよ
カナデ
へぇ~

ピルは、

  • 避妊効果を目的とした「OC」
  • 月経痛の緩和を目的とした「LEP」  の二つに大きく分けられます。

このページでは筆者の経験談を交えてお伝えするため「LEP」についてお話していきます。


LEP(低用量エストロゲン‐プロゲスチン)の中には

  • ルナベル配合錠
  • ヤーズ配合錠
  • ヤーズフレックス配合錠  などがあります。

筆者は上記3種類すべて服用したことがありますので個人的な感想と経験をお伝えします。

(あくまで個人的意見で、人によると思いますのでこんな人もいるんだ~と参考までに)

・ルナベル配合錠

1シート21錠で毎日同じ時間に服用し、1シート飲み終わった後7日間休薬するものです。

ピルは基本的に休薬期間中に生理がきます。

使用感として私ははじめてのピルだったせいか最初の1週間くらいはめまい等の症状がありました。

これはどのピルでも最初はそういった症状が出ることもあるので大丈夫だったのですが、

1年くらい服用したころに休薬期間中ひどい頭痛におそわれるようになり、医師に相談してピルの種類を変えてもらうことになりました。

しかしこの時点で生理痛はものすごく軽くなり、今までなんで飲まなかったんだろうと思うほどでした。

・ヤーズ配合錠

これは体に合っていたようで、先にいうとずーっとこれを飲んでました(6、7年くらい)

ルナベルと違って最初から1シートに28錠入っていて、うち4錠が偽薬(薬の形はしてるけど成分は入ってない)になっています。

あれ?今日休薬何日目だっけ?なんてことにならないようにできてるんですね。

・ヤーズフレックス配合錠

いままでヤーズを定期的に処方してもらいに行っていた時に新しく出来たお薬です、と紹介され、こちらに変更し現在飲み続けているものです。

ヤーズと同じように1シート28錠なのですが、

なんとこのヤーズフレックス。

最大120日間連続で飲み続けていいんです!

ヤーズと違って28錠のうちに偽薬が入っていないので、

今まで通り1か月ごとに生理こさせよ~ とか、3か月ごとにしよ~ っていうことができるんです。

私は2、3か月に1回予定にあわせて休薬しています。

めちゃくちゃ便利!激推し!

注意点

こんな感じで低用量ピルはメリットがたくさんあるのでおすすめしていますが、煙草を吸っている方は血栓ができやすくなったり、お薬なので副作用や合う・合わないがあります。

ですので、気になる方はとりあえずお医者さんに相談してみてください。いきなり同意なしに内診されるということはありませんのでご安心を。

また、価格が1シート2000円くらい私はかかっています。積み重なると結構大きい出費になってしまうのでご注意ください。

私は価格以上にメリットがあるので続けています。

毎月憂うつ…という方は参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です