自分に自信がない、他人が輝いて見える。そんなあなたに読んでほしい

こんにちは、自分と他人の持ってるものが同じでも他人のものが輝いて見えちゃう梨山奏です。

私のように他人をすぐ羨ましい〜と思っちゃう方って意外といると思います

そんなタイプの人、こんなことになってませんか?

 

 

そう。

今が一番イイということに気付いてない!!

私がまさにそうでした(汗)。大人になってからアレッ?て。

あてはまる方はこの記事を参考にしてみてください

なぜこういった思考回路になってしまうのかを自分なりに分析してみました。

 

自分に自信が無い!

まずここまで読んでくださってる方は大半がこのイラスト自分にあてはまるな〜という方だと思いますが、自分に問いかけてみてください。自分に自信、ありますか?

私は自信ありませんでした!!

自信がないから他人を見て羨ましいと思っちゃう。自分にないものを持っている気がするから。

それがグレードアップしたのがイラストの「過去の自分を羨む」という形になると分析しました。現在の自分に自信がないけど少しでも楽しかった記憶があって過去の自分が輝いて見えちゃうんですね〜。不思議。

筆者大人になるまで自分に自信が持てなくて、仕事でも目の前で自分がやっていることが(正しくても)本当の本当に正しいのかいつも不安で悩んでいました。悩みすぎて適応障害にもなりました。(適応障害については別記事で紹介します)

でも今は克服し、自分に自信を持って今が一番輝いてる!と思えるようになりました

こう思えるようになるために実践して効果があった方法をお伝えします。

 

自分より長けている人ばかりを意識しない

  • 学生は成績がそこそこ良いけど上には上がいる、私なんかダメだ…
  • 仕事場では同期より仕事できてる気がするけど先輩方はもっともっとすごい、私なんかダメだ…

こういう考えにありがちなのは自分より能力が上の人ばかりに目を向けていることです。

自分より下の人を見下せ、ということではありません。世の中には色んな人がいて能力は人それぞれであることを理解できれば視野が広がるはずです。視野が広がると「あれ?意外と私幸せだったのかも」と思えるようになります。

世界は目の前にあるものだけではありません。視野を広げてみてくださいね。

 

自分が心から好きな事は何か考えて行動

プロフィールでも紹介しましたが、筆者は一旦イラストレーターになる夢をあきらめて、経済学部卒という事と世間体が良い事を理由に銀行員になりました。一度社会に出ることはとても良い経験になりますのでおすすめできます。しかし業務中「今やっていることは自分のやりたいことじゃない」と思うようになっていたんです。

そして大好きな絵を描きたい、それを仕事にしたい!という気持ちを大事にするために退職し、フリーランスの道を選びました。

すんなりフリーランスになったかというとそうではなくて、本気でやる覚悟が必要でとても悩んだ時期もあります。でも先程も述べた通り結果的にいま私は人生で一番輝いてると思っています。

大好きなこと、自信があることを思い切りやる!

わざわざイヤな道に行かなくても良い。

何か道を選ぶ時、悩んだらこの言葉を思い出してください。

自分が好きなことを大切にしてあげたら自然とやっていることに自信が持てるようになります。そして「今」の自分が好きになって自信に繋がります。ぜひ実践してみてください。

この記事を読んでくださった方が自信を持てるようになってもらえたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です