初心者向け|クリッピングとは?CLIP STUDIO PAINT基本的な使い方を解説!

こんにちは梨山奏です!

今回はこのサイトのイラストを作成する際に使っているソフト「CLIP STUDIO PAINT」の絵の描き方をご紹介します。

デジタルイラストを全然描いたことがない!という初心者の方向けに画像多めで基本的な部分を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

 

まず下書きを描く!

 

1.まず「新規」で好きな用紙サイズを作ってください。

2.下書きを描くためのレイヤーを作ります。画像の①のボタンを押すと簡単にレイヤーが作れます。

3.後々レイヤーを移動するときに、何を描きこんだレイヤーだったっけ?とならないように自分のわかる名前をつけておきます

 

 

今回は描きやすいので物知り猫の茶々丸くんを描いていこうとおもいます。

 

ラフを描く!

 

4.下書きの段階だと構想を練りながらなので線が多くなってしまいがち。なのでもうすこし線をはっきりさせて線画を描きやすくするためラフを描きます

そのとき下書きが濃いままだと上から描いた線が見にくいので、透明度を変えます!

①のバーを動かすと透明度が変わるので、描きやすいと思う薄さにしてください

 

線画を描く!

 

5.だいたい描きたい絵が描けたら線画に入ります。この段階では下書きは表示している意味がないので消しちゃいましょう。レイヤーの左側にある目のマークを押すと非表示になります。

 

6.今度はラフを元に線画を描きます。ラフの透明度を調節してくださいね。

そして線画を描くときは「ベクターレイヤー」を使うことをおすすめします。別記事で紹介しますが、ベクターレイヤーにしておくと後々線の太さを変えたり、超便利な消しゴムを使うことができるようになります。

 

色を塗る!

 

7.線画レイヤーの下に色を塗るレイヤーを追加し、カラーサークル等で色を決めたら実際にベースとなる色を塗っていきましょう。影やハイライトはあとで入れるのでとりあえずのっぺりと塗っちゃってください。

優先順位が上にあるレイヤー>下にあるレイヤーなので、線画を一番上に置けば下のレイヤーで線画に色が重なっても影響されません。レイヤーのしくみについても詳しくは別記事にアップしますね。

カナデ
今回は簡単な絵なのでレイヤーを分けていませんが、もうすこし複雑な絵の場合は「肌レイヤー」「髪レイヤー」などとパーツごとにレイヤーを作ることをおすすめします。

 

8.ベースとなる色が塗れたら上からのせたい模様や影などを塗ります

ベースの上に色を重ねたいので、この画像の場合「全身」というベースになるレイヤーの上にレイヤーをつくります

そしてここが大事!「クリッピング」をします。画像を参照してください。そのボタンを押すとレイヤーにピンクの縦線が入ります。


クリッピングの機能

ベースの色の上にクリッピングしたレイヤーは、どこを塗ってもベースの色からはみ出なくなります

実際に茶々丸の手の色を塗ってみると…

↓クリッピングした場合

↓クリッピングを外した場合(塗ったところそのまま表示されるのではみ出てる)

 

これを駆使すると肌レイヤーだけに影、髪レイヤーだけにハイライト、ということがはみ出さずにできるのでとっても便利です。ぜひ覚えてください


 

完成!

 

あとは好きなだけ描き込んで線の色や太さを調整して…完成です!!

だいたいの流れをご理解いただけましたでしょうか?

クリスタには他にもたくさんの機能が備わってますので少しずつ使い方記事を書いていけたらなと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です